浪曲を彩った人々

浪曲を彩った人々

三代目の名後見・吉田奈良右衛門(二代目)

吉田奈良右衛門(二代目)は戦前活躍した浪曲師。吉田奈良丸の妹・吉田小奈良の弟子で、若くして「奈良右衛門」を襲名して一枚看板となったが、後年支配人に転向。本名の「井川清」名義で、三代目奈良丸の支配人として彼を陰から支えた。
浪曲ブラブラ

名古屋興行界の顔役・広沢當昇(二代目)

「名古屋興行界の顔役・広沢當昇(二代目) - 浪曲を彩った人々」二代目広沢當昇は戦前活躍した浪曲師。初代広沢當昇の弟子で、師匠に見込まれて二代目を襲名したが志あって芸人を廃業し、名古屋へ移住。興行師となって成功をおさめ、戦後は名古屋の興行界の顔役として大いに権威を振るったという。
浪曲を彩った人々

悲劇的な死・京山円千代

京山円千代は戦前活躍した女流浪曲師。京山円吉の引き立てで売出し、関西女流として一流を築いたが、1939年1月に長崎で発生した鬼池丸沈没事件に巻き込まれ、東天紅などと共に水死という悲劇的な死を遂げた。
浪曲を彩った人々

志仏門にあり・文珠軒松月

文殊軒松月は浪花節黎明期から大正にかけて活躍した浪曲師。淡路島から身を起し、一時は宮川松安と並んで「三羽烏」と称えられるほどの人気を集めた。円満人徳な性格で、未来を期待されたものの、大正時代になって引退をして、仏門に入ってしまったという。
浪曲を彩った人々

関西浪花節の源流の一人・藤川友丸

「関西浪花節の源流の一人・藤川友丸 - 浪曲を彩った人々」藤川友丸は浪花節黎明期~明治に活躍した浪曲師。浮かれ節・祭文の時代の芸人で、後に関西浪曲界の頂点に君臨した名人・藤川友春を育成した事で知られる。
浪曲を彩った人々

ハワイへ渡った日本亭義国

「ハワイへ渡った日本亭義国 - 浪曲を彩った人々」日本亭義国は明治~大正にかけて活躍した浪曲師。東京での評判はたいしたものではなかったというが、ハワイ巡業では素晴らしい人気を博して、数年以上日本とハワイを行き来する生活を送った。元祖海外向けタレントというべきか。
浪曲ブラブラ

大阪浪曲の大御所・都家三勝(初代)

「大阪浪曲の大御所・都家三勝(初代) - 浪曲を彩った人々」都家三勝(初代)は浪花節黎明期に活躍した浪曲師。都家の流れをくみ、都家の名跡を一躍大阪随一のものにした。滑稽物を得意とし、その芸は弟子の二代目三勝に引き継がれる事となる。
浪曲を彩った人々

春日井一門の始祖・春日井松之助

春日井松之助は浪花節黎明期に活躍した浪花節の芸人。デロレン祭文・浮かれ節からスタートし、独自のネタと節を練り上げ、浪花節黎明期の一枚看板となった。浪花亭駒吉と手を組んで、今日の日本浪曲協会の前身「浪花節組合」を作った功績もある。
浪曲を彩った人々

関西派の中堅・広沢虎遊

「関西派の中堅・広沢虎遊 - 浪曲を彩った人々」広沢虎遊は明治から昭和初期にかけて活躍した浪曲師。二代目広沢虎吉の弟子で、関西派の若手・中堅として華々しい人気を博した。戦後浪曲師・歌手として活躍した村田英雄の実父・広沢仙遊(舟遊)の師匠としても知られる。
浪曲を彩った人々

二代目円車になった三河家小円車

「二代目円車になった三河家小円車 - 浪曲を彩った人々」二代目三河家円車は明治末~昭和にかけて活躍した浪曲師。ドンドン節で一世を風靡した初代円車に入門し、「小円車」を襲名。二代目円車候補として頭角を示し、二代目円車を襲名したが夭折してしまったという。
タイトルとURLをコピーしました