2021-12

落語ブラブラ

落語・大晦日

「 落語・大晦日- 傑作?愚作?珍品?な落語たち」柳家金語楼が演じた新作落語「大晦日」のあらすじです。金語楼にしては、堅実で古典風な作品。小噺に近いものといっていいのかもしれない。
浪曲ブラブラ

義理堅い男・京山敷島

「京山敷島 - 浪曲を彩った人々」京山敷島は、戦前活躍した浪曲師。京山の傍流ながらも、雲右衛門に期待され、「桃中軒」を打診されるほどの実力者であった。
落語ブラブラ

落語・虫の居所

「落語・虫の居所 - 傑作?愚作?珍品?な落語たち」林家彦六の師匠であった三代目三遊亭円遊が扇遊亭金三時代に創作した落語「虫の居所」という話のあらすじです。
落語ブラブラ

落語・床かざり

「落語・床かざり - 傑作?愚作?珍品?な落語たち」四代目柳家小さんが演じた「床かざり」という古典落語風の短いお話の紹介です。
浪曲ブラブラ

アメリカに渡った・桃中軒團菊

「桃中軒團菊 - 浪曲を彩った人々」娘浪曲師としてスタートし、震災前後に渡米をしてアメリカの地で大成功をした女浪曲師、桃中軒團菊という人物の紹介です。
浪曲ブラブラ

ガマグチと怪談浪曲・中川海老蔵

「中川海老蔵 - 浪曲を彩った人々」中川海老蔵は、戦前活躍した浪曲師。「怪談浪曲」というホラー芝居仕立てのリアルな浪曲と演出で人気を博した。口が大きい所からガマグチと称されたという。
浪曲ブラブラ

雷門助六の父・浪花亭駒右衛門

「浪花亭駒右衛門 - 浪曲を彩った人々」浪花亭駒右衛門は、浪花節黎明期に活躍した浪曲師。浪花亭駒吉門下の一人であった。意外や意外、この人の息子は七代目雷門助六、孫は太神楽の鏡味小次郎である。エロ爺として浮名を流したという。
浪曲ブラブラ

ドンドン節の三河家円車(初代)

三河家円車(初代)は、浪花節黎明期に活躍した浪曲師。本業以上に、余興で始めた「ドンドン節」なる独特の節が大当たりし、演歌や俗曲で取り上げられるほどの人気を博した。今日も日本の歌謡曲史では必ずと言っていい程に出て来るヒットソングである。
落語ブラブラ

落語・幽霊タクシー

「落語・幽霊タクシー - 傑作?愚作?珍品?な落語たち」都築道夫の兄、鶯春亭梅橋が執筆し、柳亭痴楽が演じた新作落語『幽霊タクシー』という作品のあらすじです。
落語ブラブラ

落語・息子の脛

「落語・息子の脛 - 傑作?愚作?珍品?な落語たち」大野桂が執筆し、三笑亭夢楽が演じた「息子の脛」という古典風の新作落語のあらすじです。
タイトルとURLをコピーしました