2022-03

傑作?愚作?珍品?な落語たち

落語・たらい

「落語・たらい - 傑作?愚作?珍品?な落語たち」桂小文治が演じた小説をもとにした新作落語。「山中峰太郎先生が書いたもの」と枕で振るように、本当に作家・山中峰太郎が執筆したものを落語にしたようである。
物真似師たちの系譜

動物物真似の春風亭柳丸

「動物物真似の春風亭柳丸 - 物真似師たちの系譜」春風亭柳丸は戦前活躍した物真似芸人。一種の「雑芸」を得意とした器用な芸人だったそうで、柳派の色物として活躍。動物物真似や一人芝居、阿呆陀羅経など、珍芸雑芸を手あたり次第に見せる芸で人気があったという。
浪曲ブラブラ

東家宗家になった秋津島雄鳳

「東家宗家になった秋津島雄鳳 - 浪曲を彩った人々」秋津洲雄鳳は戦前戦後活躍した浪曲師。天中軒如雲月門下からスタートし、戦争浪曲で名声を上げ、戦後東家一門の宗家名である「東家三楽」を襲名した。実力はあったが戦後病を得て、60歳目前で夭折してしまった。
浪曲ブラブラ

品のある浪曲・八洲天舟

「品のある浪曲・八洲天舟 - 浪曲を彩った人々」八洲天舟は戦前戦後活躍した浪曲師。名人として謳われた八州東天の弟子で、師匠譲りの芸題と節で人気を集めた。戦前は青年横綱として名声をほしいままにしたという。
浪曲を彩った人々

独立独歩の天狗・浪花家辰丸(三代目)

「独立独歩の天狗・浪花家辰丸(三代目) - 浪曲を彩った人々」浪花家辰丸は戦前戦後活躍した浪曲師。独立独歩で一枚看板を掲げ、大名跡「浪花家辰丸」を襲名するのに至った。大らかな芸を得意とし、嘘か本当かわからないジョークや大法螺で人を煙に巻いた所から「天狗の辰丸」というアダ名がついた。
浪曲ブラブラ

最長老・廣澤虎吉(三代目)

「最長老・廣澤虎吉(三代目) - 浪曲を彩った人々」三代目広沢虎吉は戦前活躍した浪曲師。95歳という驚異的な長命を保ち、最晩年小沢昭一の『放浪芸』の取材に協力した。今なお浪曲史に残る「廣澤虎造」の初代を名乗ったのはこの人。
浪曲ブラブラ

弟は辛いよ・東家小楽遊

東家小楽遊は戦前活躍した浪曲師。兄が二代目東家楽遊、弟が東家小雀という名門の一族であったが、兄には及ばず中看板で終わった。三兄弟の中では一番早く夭折した。彼が生前とった弟子が東家楽浦で、今続く東家の系統の源流はこの人にあったりするから皮肉である。
浪曲ブラブラ

戦死をした東家小三楽

[戦死をした東家小三楽 - 浪曲を彩った人々」東家小三楽は戦前活躍した浪曲師。入門して数年で頭角を現し師匠三楽にして「三代目を譲るならこの男」と唸らせるほどの実力者であったというが、日中戦争で応召され、中国戦線で戦死をした。
浪曲ブラブラ

不思議な芸名の蛟龍斎青雲

蛟龍斎青雲は戦前活躍した浪曲師。元々は「桃中軒青雲」といい、桃中軒雲右衛門の弟子であったが、ふとしたことから「蛟龍斎青雲」と改名した。雲右衛門張りの芸を得意としたという。宮崎滔天原作の『由井正雪と天草四郎』という作品も得意とした。
物真似師たちの系譜

物真似の三遊亭三橘

「物真似の三遊亭三橘 - 物真似師たちの系譜」三遊亭三橘は戦前活躍した物真似芸人。元々は初代三遊亭円右門下の落語家であったが、落語よりも雑芸がうまく声色や珍芸の方に転向をしたという。芸よりも奇人・変人として知られた人物だったようだ。 
タイトルとURLをコピーしました