2021-09

落語ブラブラ

落語・きつねマダム

「落語・きつねマダム - 傑作?愚作?珍品?な落語たち」柳家三語楼が作家の森暁紅と手を組んで演じた新作『きつねマダム』のあらすじです。
落語ブラブラ

落語・放送八百屋

「落語・放送八百屋 - 傑作?愚作?珍品?な落語たち」桂小文治がラジオブームに乗じて演じたという新作「ラジオ八百屋」のあらすじです。
落語ブラブラ

落語・帽子

「落語・帽子 - 傑作?愚作?珍品?な落語たち」柳家金語楼が演じた新作「帽子」のあらすじです。
文壇逸話帳

尾崎紅葉、名残のブリタニカ国際大百科事典

「尾崎紅葉、名残のブリタニカ国際大百科事典 - 文壇逸話帳」末期胃がんで死にかけていた尾崎紅葉と彼を案じていたかつての論敵・内田魯庵の逸話です。
落語ブラブラ

落語・親孝行

「落語・親孝行 - 傑作?愚作?珍品?な落語たち」六代目雷門助六がやったラジオ黎明期を揶揄した「親孝行」のあらすじです。
落語ブラブラ

落語・猫いらず

「落語・猫いらず - 傑作?愚作?珍品?な落語たち」柳亭左楽がやった人情噺『猫いらず』、春風亭柳昇の傑作「里帰り」によく似た話です。
落語ブラブラ

落語・官営芸者

「落語・官営芸者 - 傑作?愚作?珍品?な落語たち」三遊亭圓左がやりはじめ、後に三遊亭金馬などに引き継がれた明治の落語「官営芸者」の一席です。
文壇逸話帳

幸せになるには骨がありすぎた斎藤緑雨

「幸せになるには骨がありすぎた斎藤緑雨 - 文壇逸話帳」上田萬年が辰野隆から「斎藤緑雨はどういう人だったか」と聞かれた際に、幼馴染として答えた美談です。
落語ブラブラ

落語・法螺貝

「落語・法螺貝 - 傑作?愚作?珍品?な落語たち」五代目柳亭左楽がやった「法螺貝」という噺のあらすじです。
文壇逸話帳

まんじゅうこわいの沼波瓊音

「まんじゅうこわいの沼波瓊音 - 文壇逸話帳」まんじゅうが大好きで、まんじゅうが出てくると頼まれごとをこなしてしまった沼波瓊音の逸話です。