声帯模写の奈美乃一郎

この記事は約4分で読めます。
他の「ハナシ」を探す

声帯模写の奈美乃一郎

 人 物

奈美乃なみの 一郎いちろう
 ・本 名 市川 栄蔵
 ・生没年 1908年~1955年8月29日
 ・出身地 東京 本郷

 来 歴

 奈美乃一郎は戦前戦後活躍した声帯模写の芸人。元々は活動弁士であったが、弁士衰退に伴い声帯模写と漫談に転向。単純な物真似に留まらず、ドラマチックな構成を持つ声帯模写を完成させた。高い人気を誇ったが50目前で夭折した。

 経歴は『アサヒグラフ』(1950年7月5日号)の「声帯模写ベテラン掲示板」に詳しい。

声帯模写 奈美乃一郎氏(41) 本名市川栄藏 東京は本郷の生れ 法政を中退当時花やかなりし活弁の世界にとびこみ 新宿松竹の主任弁士で”天国に結ぶ恋”などで女の子どもを感激させたのがそもそも二十四 五蔵の道楽の果とある トーキーの出現にそなえ牛乳配達をしながら一年間苦慮して選んだ道が声色漫談でNHKの新人放送 今日ならノド自慢の三つの鐘で合格 先輩格の夢声氏に「二年間声色を封じられ」創作話の勉強に追いたてられなどしたのが今では大へんなクスリになった 「映画にも出たけどネエ それがマーおくらが多くて」 物にはならなかつたという 人にきかれて 「左まきに思われる」のがつらさに練習はもつばら電車の中で夜道 ときにはねどこでフトンをひつかぶってもやる お得意は「なんといつてもエノケンのリンゴ売りだ」そうだ

 なお、活動弁士の師匠は大辻司郎であったらしく『読売新聞』(1933年3月5日号)に「大辻氏に師事し、新宿松竹館に居たことがあるが、映画説明者としては、奈美の一郎といつた」とある。

 活動弁士の解雇を巡る争議では結構派手にやったらしいが最終的に失職の憂き目に遭遇する。大辻司郎や徳川夢声が漫談で売り出したのを機に、牛乳配達をしながら芸を磨いた。

 1933年3月5日、JOAKの『新人の午後』に勝ち抜き、「漫談物真似 朝から夜中まで」を披露している。街の風俗を軽妙な話術で描きながら、動物や乗り物の真似をするという手法を確立した。

 さらにこうした手法を展開して、従来の「○○を演じます」というスタイルを廃し、「時に長谷川君(阪東妻三郎の声色で)」「なんですか、阪妻さん(長谷川一夫の声色で)」というような掛合方式の声帯模写を完成させている。

 根が活動弁士の売れっ子だけあってか、この声帯模写の成功で芸能界に復帰。その素質を見抜かれる形で、新興演芸部と専属契約を結んだ。

 寄席や劇場に出る傍らで、映画俳優としても活躍。確認できるだけでも、

 1937年2月3日、「初島田」(新興東京)の職人吉公。

 1937年4月1日、「東京おけさ」(新興東京)の勘太。

 1937年4月15日、「浮かれ花嫁」(新興東京)の酒屋。

 1937年5月30日、「風流五家族」(新興東京)の古着屋安川栄造。

 1937年6月17日、 「愛怨峡」(新興大泉)浪曲師天広軒虎松。

現存が確認できるのはこの作品か。ちなみに玉子家源一と並んで漫才指導も行っているという。

 1937年8月12日、「煙る故郷」(新興東京)の甚作。

 1937年9月16日、「みだれ島田」(新興東京)の松造。

 1937年11月3日、「男なりゃこそ」(新興東京)の梅野。

 1937年12月24日、「鉄拳涙あり」(新興東京)の丸山。

 1938年1月12日、 「泣くな嘆くな若人よ」(新興東京)の杉浦。

 1938年3月23日、「娘天晴れ」(新興東京)の泥棒。

 1938年4月7日、「トーチカ娘行状記」(新興京都)の職人甚太

 1939年1月26日、「女難突破」(新興東京)与太者。

 1939年3月25日、「白衣の兵隊」(新興東京)の赤城上等。

 1939年5月1日、「侠艶録」(新興東京)の幇間。

 1939年6月8日、「楽しき我が家」(新興東京)の赤木一等兵。

 となかなかなものである。演技はうまかったらしいが、如何せん戦後に分裂した映画会社というせいもあってか、現存数は少ない。

 1944年1月、富士音盤(キング)から、「戦力増強 演芸歌謡大会」(と-343~345)を吹きこみ。司会と声帯模写を演じながら、林伊佐緒や三門博を紹介する立ち回りを演じている。

 敗戦直前に応召されるも、何とか帰ってこられた――と『夢声戦争日記』の中にある。

 戦後はラジオ放送と実演を中心に活躍。コメディアンとしてもして活躍し、1949年3月28日公開の「のど自慢狂時代」にも出演している。

 また、コミックソングを何枚か吹きこんでいる。

 しかし、1950年代に入ると喀血、結核と診断される。

 仕事を選びながら活動をしていたらしいが、結核は重くなる一方で遂に舞台に出られなくなってしまった。

 これに同情した関係者たちが集って慈善公演を行った程であった。

 しかし、その願いもむなしく1955年8月29日、結核のために48歳の若さで亡くなった。

他の「ハナシ」を探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました